ウコギのフラワーポット


うこぎは米沢の特産品のひとつで、米沢では垣根として植えられているのをよく見ることが出来ます。
その全長は日本一と聞いています。
その歴史では、特に米沢藩九代藩主「上杉鷹山公」がウコギの垣根を奨励したとされました。
理由としては、次の事が考えられます。
@小さなトゲがある植物で枝を植えることにより簡単に増やすことが出来ること。
A春から初夏にかけての新芽が美味しく様々な料理に使えること

粡町では、以前から「花いっぱい運動」で利用していたフラワーポット(国体のフラワーポットのリサイクル)を使い垣根風のフラワーポットを
数多く設置して緑地化事業や統一景観事業にも一役かっています

写真は、粡町敬老会の皆さんに育成部の子供たちが自分たちで摘んだウコギを料理して食事会をした時の様子です


間隔は様々ですが、各店舗の前に2〜4個位づつ並べてあります


拡大するとこんな感じです


近くの北部コミュニティーセンターをお借りしました


個人的には天ぷらが好きです(^^)


米沢牛も提供してもらいました♪


サービス満点♪
小学校の校歌を歌ったり、楽しかったです
大変喜んでいただきました